未分類

大画面のスマホについて

大画面スマホを片手操作するのが全然平気です

私はiPhone 6 Plusの頃から、
大画面の5.5インチのスマホを利用しています。
これからも大画面スマホしか選択肢にありません。

周囲の友達からは
「画面が大きすぎない?」
「片手で操作できないんじゃないの?」
とか
「片手で操作すると落としてしまうんじゃないの?」
と心配されますが、
個人的には全然そんなことありません。

このサイズはちょうどいいと思います。

私が男性なので、
手がちょっと大きいというのはもちろんあると思います。

手が小さい女性だとまた違うのかもしれません。

だからといって手帳型のiPhoneケースを買って、
片手で支えて、もう片方の手でタップするという
両手操作は、スマホの手軽さを消してしまうので、
意味がないと思っています。

それならタブレットと同じになってしまうからです。

私はシンプルなオープンタイプのケースを使っています。

スマホの片手操作にはコツがあります。

まずケースは必須です。
iPhoneを裸で使うとiPhoneの素材は滑りやすいので、
絶対に滑って落として画面が割れてしまいます。

ある程度グリップの効くケースが必要です。

持ち方は、スマホを縦にするのではなく、
上に向けた手のひらにスマホを乗せて、
上から覗き込むようにして使えば落としにくいです。

手でスマホをぎゅっと握るのではなく、
上の方をタップする時は手をうねうねと動かして、
上の方に移動し、
下の方をタップする時はまたうねうねと動かして、
下をタップする
というような使い方をすれば
思ったほど画面の大きさの不便は感じないし、
落とすこともありません。

むしろ動画や文字の見やすさでメリットの方が大きいです。
大画面スマホは文字も大きいので、
タップでミスすることも少ないです。

それにスマホは実際、細くタップするよりも
ざっくりスワイプしたりして
スクロールする使い方がほとんどなので、
細かい操作は必要ないのです。

大画面スマホに抵抗がある人は、
私のような使い方をすれば全く不便さはありません。

おすすめです。