未分類

失敗!ネットで中古パソコンの購入

当時パソコン初心者だった私はワード作成のため、
パソコンの購入を考えていました。

文字の打ち込み等、簡単な作業はできますが、
そもそも使いこなせるかを懸念して、
中古パソコンを購入することに決めました。

理由は単純に値段が安いからです。

たとえ使いこなせなく、タンスの肥やしになったとしても、
後悔しないだろうと安易な考えでした。

中古パソコンは、ネットショッピングサイトや、
フリマアプリ、ネットで購入できますので、
その気軽さも中古パソコンの購入を決めた理由でした。

自分なりにネットで様々なパソコンのスペックを調べ、
各サイトで目星のパソコンの値段を比較し、
ようやく決めたのは、フリマアプリで出品されていた
数年程前のモバイルパソコンでした。

予算内、商品の説明文にも普段使いに最適との表記、
出品者も丁寧な対応をしていただいたので、
パソコンは1週間待たずに手元に届きました。

早速始めようと起動し、初期設定も終わり、
いざデータ管理をしようとした時、ふと違和感がありました。

まず、充電ができませんでした。

初期設定をする際は、途中で電池が切れたらいけないと、
アダプタを挿したまま作業をしていたで気付きませんでしたが、
充電が終わっただろうとアダプタを抜いても充電ができていなかったので、
ここで初めてバッテリーが寿命だった事態に気付きました。

しかし下調べしていた段階で、バッテリーは消耗品につき、
多少の妥協は必要と書いてあったので、
あまり驚きはしませんでした。

アダプタを挿せば使用できるので、そこは問題ではありませんでした。
次に気付いた違和感で一気に中古パソコンの購入を後悔することになりました。

それは「キーボードが効かない」事でした。

私が購入したパソコンは、タブレットにもなる2イン1タイプのパソコンで、
ディスプレイとキーボードが取り外せるタイプのパソコンでした。

接触が悪いのか、すぐに接続が切れてしまう、
これはすごくストレスになりました。

出品者の表記していた「普段使いに最適」とは
タブレットとしての普段使いの事を指していたのだと
この時初めて知りました。

結局、家電量販店にて新品パソコンを購入、
中古パソコンは1000円で下取りに出しました。

やはり精密機械は手に取り、よく吟味して
購入しなくてはならないと反省しました。

中古パソコンの購入は、
安さで選ぶのはリスクが高い買い物です。