未分類

フリーランスになって感じたこと

企業に就職して会社から給料をもらうという働き方が一般的な働き方になっている中で企業に就職しないで自分の力で生計を立てているフリーランスという働き方を選択する人がいます。

そこで企業に就職せずフリーランスとして働いてみて感じたことをお伝えしたいと思います。

まず、フリーランスとして働いてみた感じたことはフリーランスって毎日自由気ままに生活しているように思われがちですがフリーランスも朝から夜まで働いています。

会社員の人と違って働く時間と場所が自由なので何時から何時まで働くのかもどこで仕事をするのかも選ぶことができるので会社員の人と比べて拘束時間がない分自由度は高いです。

収入に関しては会社員の人とは違って毎月決まった日に給料として入ってこないので生活は不安定になりがちですし収入が高い月もあれば収入が低い月もあるのが現状です。

フリーランスとして働いている人の中にはしっかりとした会社以上の収入を得られている人もいますがなかなかそこまでのレベルの収入を得られている人も少なからずいます。

しかも、会社員の人なら福利厚生もしっかりとしていてボーナスなどもありますがフリーランスの人だと福利厚生などもなければボーナスもないので非常に不安定なのは事実です。

労働時間や働く場所も自由なので限りなくストレスフリーな環境を作ることはできますがある日突然収入が激減したりする可能性もあるので怖い一面もあります。

しかし、最近は大企業であってもリストラをされるケースもあると考えれば大手であっても中小企業であってもリストラの危機があります。

そう考えると今の時代、会社員として働くのもフリーランスとして働くのもどちらも不安定な気もするのでどちらの働き方を選択するのか非常に難しいです。

会社員もフリーランスも共に将来は不安定と考えるのならフリーランスとして生きていく道を選択して生きていく道を選択するのもいいかもしれないです。

会社員でもフリーランスでも仕事をしてその対価としてお金をもらうのは同じなのでどちらの働き方も根本は同じです。